19世紀から20世紀初期の工業時代の面影を残しながらも最先端のファッションの中心の一つとして存在するニューヨーク。
錆びた鉄のベンチが並ぶ色あせたレンガの道・・そして視線を上げれば眩いばかりの高層ビル。beq Pettinaはその「昔」と「今」が混在する世界を映し出したコスチュームジュエリーブランドです。
NY在住のチーフデザイナーは、そういったNYの特異な空間から日々デザインのインスピレーションを吸収し、それらをデザインへ落とし込む・・そしてそれらを形づくるのは、緻密で高品質なものを作りだせる日本。NYならではのおもしろい素材を常に探し求めると同時に、日本の卓越した技術で生み出される素材も取り込んでいくから、とてもユニークなものを生んでいける。そうして、互いの国のデマンドとトレンドを融合しながら、NYと東京のデザインチームによって独自のデザインがつくりだされているのが beq Pettinaです。